歴史に残るロリータ系AV女優
【PR】本番行為は一切禁止のバイト
http://www.jnavi.biz/bigginers.php
名古屋の手と口を使ったヘルスサービス、お客様のご要望に沿ったイメージプレイのサービスです。

堤さやか

堤さやか(つつみさやか)、1980年2月3日生まれ。

堤さやかは2001年にAVデビューした、童顔で身長も低いことからロリ系の役柄で多くの作品に出演しているAV女優です。 同じ所属事務所で容姿的な特徴の似ていた樹若菜、桃井望、長瀬愛との 共演作品も多くリリースされ、2002年には長瀬愛、桃井望、樹若菜らとユニット「minx」を結成し、CDをリリースするなどアイドルとしての活動も行っていました。しかしこのユニットは同年、桃井望の不慮の死により解散となります。翌2003年にAV女優を引退しますが、プライベートでも親友だった桃井望の死に対するショックが引退の一因となったようです。引退後も人気は衰えず、2005年には年間google検索数AV女優ランキングで第9位を獲得しています。腕に絆創膏を貼っての出演が多いのですがその理由は、AVデビューする前にプライベートで腕に小さな十字架をモチーフとしたワンポイントのタトゥーをいれたため、ロリ系のキャライメージを壊さないようその刺青を絆創膏で覆い隠して出演していたそうです。数は多くありませんが、ロリ系のキャライメージを必要としない作品では絆創膏を貼らずに撮影しているものもあります。一時期は副業でバスガイドをしていたようで、一部の修学旅行生の間で話題となっていました。